人もワンコも保険見直し!

b3269f89d9a4310d911e22f198c510ce_s.jpg

我が家のチワワさん(2009年うまれ、メス)は、生後半年から5歳までアニコムの保険に入っていました。働いていたのがペットショップだったので、お得に入れる期間がありましたし、ペット保険では有名だからとアニコムへ。元々斜頚(首が曲がって傾いている。原因不明)があり、そこに関する保険金は降りないと言う約束つきでしたが、今までそれが原因の疾患は見られていません。今はすっかり治ってしまったので、特に気にしていません。

小さい頃は、しょっちゅうお腹を壊して下痢たり、吐いたり、何日も飲まず食わずで引きこもったり(笑)背中や足をかきむしって血だらけにしたりで3ヶ月に一度は病院に行ってた気がします。特にお腹を壊すのは原因がわからないことも多くて、一度治ったけど翌週また診察...なんてこともありました。吐き気止めや点滴代も毎回とられたりでけっこうお金がかかりました。
アニコムは通院や一度きりの処方でも保険で賄えるので、助かりました。特に深夜にかかった病院の深夜割り増し料金では、普通の診察代にプラスで一万とるところもあったので、アニコム様々でした(^o^;)
6歳になった年に、固定費を抑えようと飼い主の保険を見直したのをきっかけにチワワのも見直すことになりました。
お腹も皮膚も状態が落ち着いているし、掛け金も安くて手術に強いアイペットに乗り換えました。様々な保険を比較検討できるサイトで調べ、いくつか資料を取り寄せた上で決定。年一括払いでカード支払いのためお得です。
ただ、アイペットは普段のちょっとした怪我や体調不良には保険おりないので、もともと体の弱い子にはオススメできません。
保険を変えて安くした分、毎日のご飯を今までよりランクアップして皮膚を強くしたりする成分を入っているものに変更しました。いわゆる処方食のようなものをとりいれました。
消化器の負担を減らすことで皮膚にも良いときき、本来肉食である犬のために、主原料が肉であることにこだわりました。
シャンプーも、スーパーの安売りで買うのをやめ、薬用に変えてから痒がったりかじったりすることも減りました。
結局は、保険で備えることよりも普段体に取り入れるものを手厚くしたほうが良いんですよね。そうすることで彼ら本人(本犬?)の免疫力や抵抗力みたいなものが上がりますし、その変化を視られるのが飼い主としても嬉しいです。お互いストレスもへりました。
年々人もワンコも寿命が伸びているようですが、お互いが最後まで不安なく幸せに生きていけたら良いなと思います!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.22andante.com/mt-tb.cgi/7

コメントする